私の風俗日誌

初々しさが随所にありました

彼女、まだ新人の風俗嬢と言うことで初々しさが随所に出ていました。それがこちらの興奮をより高めてくれたのは言うまでもありません。慣れていれば、当たり前のようにしてくれることも、まだまだ風俗嬢として慣れていないので、どうすべきなのか悩んでいるんでしょうね。例えばフェラにしても、がっつりとというよりは「チロチロ」といったところでしょうか。でも、それが逆にそそられたんですよね。こちらとしては彼女の初々しいフェラは「いつもとは違うサービス」なんです。だからそれだけで彼女に対しての興奮も高まりましたね。それに反応も初々しいですし、彼女との時間は自分の中で相当楽しいものになりました。あれだけ良い反応を示してくれると、こちらとしても攻めたいって気持ちも出てくるし、いつもとは全然違った時間のように思えたので、いろいろな意味で大満足です。彼女はもちろんですけど、新人風俗嬢を狙い撃ちするのを辞められないのはそのためです(笑)

日常生活に無いものを求める

風俗に求めるものは非日常そのものだと思っているので、風俗嬢選びの基準は自分の知り合いに居なさそうなタイプです。例えばギャルもそうですね。少なくとも自分の友人や知人にギャル系の子はいないので、風俗ではギャルが目に入りますよね。後は大人しそうな子もいいですね(笑)自分の会社の女性陣に大人しいタイプがいないんですよ。みんな勝気というかずっとベラベラ喋っているようなタイプの女の子が多いので、内気でどこか控え目。そんな女の子に心を奪われてしまうんですよね。風俗ではそういったタイプを狙い撃ちしていますけど、この前遊んだYちゃんはかなり好みでしたね。本当に大人しい雰囲気なんです。でもかなりの美人。緊張しているのが手に取るようにわかったのもあって、なんて可愛いんだろうって。自分の日常生活の中ではまず見かけないタイプの女の子なだけに、彼女を指名出来て満足しましたし、プレイの方も心の底からの満足がありましたね。