私の風俗日誌

ジャンルもまた、奥深いと思う

どのジャンルの風俗も、それなりに奥深さがあるなって思いますね。軽く利用して「こんなものか」と理解した気になるのではなくて、より深く利用することでさらなる楽しさがあると思うんです。これはどの風俗にも共通していますよね。軽く楽しむことも出来ますけど、その一方でがっつりと楽しむことが出来るのも風俗ならではだと思うので、それなりにいろいろと考えて楽しむようになりましたね。むしろそれがとっても楽しいんですよ(笑)例えば最近ハマりつつあるのが性感マッサージなんですけど、性感マッサージもかなり奥が深いですよ。何であれだけレベルが高いのか。いろいろと考えさせられることもありますから(笑)それに、性感マッサージの女の子は、微妙に違うテクニックを持っているんです。これを楽しむのも好きなんですよ。性感マッサージは誰もが同じテクニックで満足させてくれると思ったら大間違いってことですね。だからこそ、とっても楽しいんだなって思いますし。

反則レベルのあのボディ

彼女のボディは反則レベルです。この前遊んだ風俗嬢の話なんですけど、彼女のボディは「素晴らしい」というよりも、反則レベルと言った方が良いかもしれません。なぜなら、巨乳風俗嬢だったのはもちろん素晴らしいんですけど、それだけじゃ無いんです。透き通るような色白でも合ったんです。つまりは色白で巨乳。あれはそそられましたね。顔面レベルもそれなりに高かったのもあって、彼女のルックスは反則レベルと行っても良いほどに、素晴らしいものでした。想定外というか、まさかあれだけのものを持っているとは思っていなかったんですよ。色白だからってことで彼女を指名してみたんですけど、巨乳が待っていたんです。だから得した気分になりましたね。色白だとそれだけでそそられるんです。しかも彼女、色素が薄いからなのか、乳首や乳輪もとっても綺麗だったんです。あの裸体を見れただけでも興奮レベル。それだけに、何も言うことはないんじゃないかなって思っています(笑)