私の風俗日誌

気ままに自由に。それが風俗

あれこれ形式ばるというか、「こうでなければならない」とか決めるのではなくて自由に楽しめるのが風俗の良さですよね。風俗って男の理想とか願望を形にしたものだと思うんですけど、それはベッドの上だけの話ではないと思うんです。女の子と楽しむまでのシチュエーションもまた、男の願望そのものなんじゃないかなって思うんですよね。いつでも好きな時に、自分の都合の良い時に女の子と楽しみたいという願望は男であればだれもが持っていると思うんですけど、でもそれを実践出来るのはイケメンやハイステータスな男くらいですよね。世の中の大多数の男はそれが願望ではあっても出来ないんです。でも風俗ならそれが出来ちゃうんですよね。だからこそ楽しいんです。気ままに自由に、それこそ自分本位に楽しめるじゃないですか。現実だったら女の子にこれでもかってくらい気を遣わなければならないんですけど、風俗なら女の子の方がこちらに気を使ってくれますしね。

選択肢があるのがいいんですよね

風俗は女の子に抜いてもらえる男の理想の世界ですけど、プレイそのものだけじゃなくて選択肢の豊富さもまた、魅力なんじゃないかなって思うんですよ。誰にするのか、どうするのか。風俗は楽しむ前の段階で、いろんなことを自分で決めなければならないんです。それが楽しいじゃないですか。どうすべきなのか、やっぱり自分でもかなり考えますしね。でも、考えるのも楽しいじゃないですか(笑)ちょっとしたモテ男になったかのように、女の子を吟味して自分に合うかどうかや、満足出来るのかどうかを考えるんです。そして指名したら、その女の子といろんなことを楽しむんです。女の子選びから含めて、「風俗」なんじゃないかなって思いますよね。だからこそ、風俗の世界は本当に楽しいというか、やっぱり風俗ってこんなに楽しい世界なんだなってことに気付かされますし、満足すると「やっぱり素晴らしいな」という気持ちになってますますハマってしまうんですよね。