私の風俗日誌

自分もまた男だと、川崎の風俗で思った

自分自身、そこまで性欲が強い方ではないって思っていたんですけど、決してそんなことはなかったんです。それまでは性欲の発散場所がなかったので、性欲が強いかどうかを意識することがなかっただけだったんですよね。さすがにオナニーだけで性欲の強さなんて分からないじゃないですか。
でも会社帰りに川崎の風俗に行くようになって、自分自身かなり性欲が強いんだなってことに気付かされたんです(笑)なぜなら、一発で終わらせるのが勿体ないって思うんですよ(笑)コストパフォーマンスだとかじゃなく、単純に一発抜いてもまだまだいけるって気持ちがあるんです。それで、川崎の風俗をもっと楽しみたいと思っている自分に気付かされたんですよね。
だから自分でも結構驚いているんですけど、そこで自分はかなり性欲が強いんだなってことに気付かされたので、それはそれで面白いかなって思っています(笑)それこそ、風俗で発散しているので他人に迷惑をかけているとかじゃないですしね。

風俗で燃えるのは悪くはないんですが冷静さが必須です

風俗嬢を前にして一気にテンションが高くなるってパターンはそんなに珍しい話ではないと思うんですよ。特に風俗嬢のレベルが高ければ高いほど、テンションが高くなるのは「男の性」じゃないですかね。
そもそも、男は本能的に女の子を求めているんです。だから風俗は本能を満たす場所でもあると思うんですよ。それもあるので、自分も川崎の風俗でもう何年も思う存分楽しませてもらっているんです。でも燃えるのもいいんですけど、プレイに入ったら少しクールダウンと言うか、冷静になるのも大切かなと最近思うようになりました(笑)
ほんの少し冷静になるだけで、意外といろいろなことが見えてくるようになるものなんですよね。それは川崎の風俗を利用していて自分でも物凄く実感しているんです。むしろ少し冷静になった方が、快感が奥まで浸透するようなプレイを楽しめるので、燃えるのも分かるんですけど、それよりもまずは冷静になって、風俗嬢がどんなタイプなのかを見極めることもまた、とっても重要なことなんじゃないかなって思います。